一般内科|田中内科クリニック|吹田市古江台の内科・消化器内科・肝臓内科・小児科

〒565-0874 大阪府吹田市古江台2丁目4-10
06-6836-6161
ヘッダー画像

一般内科

一般内科|田中内科クリニック|吹田市古江台の内科・消化器内科・肝臓内科・小児科

一般内科・総合内科の診療

咳、発熱、頭痛等のかぜ症状、インフルエンザ、肺炎、生活習慣病(特に糖尿病、高血圧、高脂血症、肥満等)、貧血、喘息・肺気腫、不整脈、動脈硬化など内科一般の診察を行います。

症状が改善しない場合や、その他の疾患が疑われる場合は、追加の詳細な検査や連携する病院での精密検査を依頼することもあります。

自覚症状がなくても、診察・血液検査等で血糖値やコレステロール値、肝酵素のチェックなど特定健診や市民検診等を利用いただくと行うことができます。積極的にご利用いただければと思います。

かぜ

鼻や喉を中心に感染がおこり炎症を起こします。

症状は、咳、鼻水、鼻づまり、軽いのどの痛みや発熱等で原因の9割以上がウイルスによるものです。コロナウイルス、コクサッキーウイルスなど以前からも原因になるウイルスは知られていましたが、新型コロナウイルスの出現にてその名前は一躍有名となりました。ウイルス疾患は治療薬がないものも多く、体がウイルスに打ち勝つまでに生じる症状を和らげることで、回復までの手助けをします。その間食事、睡眠を十分にとりしっかり休養することも重要であり、気管支炎や肺炎に進行する場合もありますので、治ったと思って無理をせず、しっかり完治するまで来院されることをおすすめします。

インフルエンザ

インフルエンザウイルスに感染すると、2~5日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。風邪よりも急激に発症し、症状が重いことが特徴です。健康な人であれば、その症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。気管支炎や肺炎などの合併症を発症しやすく、重症化すると脳炎や心不全になる場合もあります。しかしインフルエンザには治療薬があり、診断が得られれば、治癒までの症状のある期間を短縮できます。

インフルエンザウイルスには強力な感染力があり、多くの人に短期間で感染が広がります。マスクの着用・手洗い・うがいにて周囲へうつさない対策も重要となります。二次感染、合併症の予防のために、できるだけ早く診断することが重要となりますが、発熱直後には抗原抗体反応が十分得られないこともあり、再度受診していただいて診断が必要となることもあります。

高血圧

高血圧症は日本人全体の約1/3の方がもつと言われており、保険・医療上重要な疾患である。高血圧の成因は多岐にわたっており、遺伝的要因と食生活(塩分の高い食事)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、または運動不足や精神的なストレスなどの環境的要因が重なって引き起こされると考えられています。

高血圧患者の診療は、年余にわたり心血管イベントを予防することが重要です。一般的に高血圧に伴う症状は少ないため、動機・脱力や多尿といった症状を伴う場合には二次性高血圧も疑う必要が出ることがあります。二次性高血圧の原因として、薬剤による影響・睡眠時無呼吸や内分泌疾患が潜んでいることがあります。

脂質異常症

血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多い為に引き起こされる疾患です。余分な脂質が動脈の血管に付着し硬く・細くしてしまうことで動脈硬化性疾患、特に心筋梗塞及び脳梗塞の危険因子といわれています。自覚症状は乏しく、会社の健診等で指摘されることや、以前に指摘はされたが放置していたということも多くあります。

コレステロールには善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、善玉コレステロールは細胞内や血管内の余分な脂質を肝臓に戻す働きがある為、悪玉コレステロールを減らすことに役立っています。

高脂血症の主な原因は食生活(カロリー過多)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、運動不足、遺伝などが考えられます。

その他にも二次性高脂血症といって、他の疾患等に影響を受けて上がることがあり、例えば、腎臓病や甲状腺疾患・内分泌疾患に関連するものです。必要に応じて血液検査等でそのチェックを行うことができます。

糖尿病

インスリンというホルモンの働きが十分でないため、血糖値が高い状態が持続してしまうことです。膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが、血液中のブドウ糖を細胞の中に取り入れる役割を果たしています。基本的に初期には、はっきりした自覚症状が出ません。長く放置すると感染症にかかりやすい、疲れやすい、集中できないなどの症状が表れます。

糖尿病と診断された場合も、すぐにお薬での治療を開始するわけではありません。糖尿病の病態は様々で、2型糖尿病の中でも、人によって千差万別です。各患者様の病態にあわせてまず生活習慣を見直す治療、食事療法・運動療法から開始をし、その後改善が得られない・乏しい場合は薬物療法を考慮します。

骨粗鬆症

加齢や薬の副作用などによって骨密度が低下する病気で、人口の急速な高齢化に伴い患者数が年々増加傾向にあります。背骨(胸椎・腰椎)や大腿骨での骨折の原因となりやすく、骨折に伴い寝たきりの生活を強いられることで生活の質を低下させる原因ともなり、予防が非常に重要になります。予防において重要なことは、2点。まず第一に、特に成長期に十分骨量を増加させ、高い最大骨量を獲得すること。次に女性において、閉経後女性は急速に骨量が減少するため、その減少を食い止めることである。閉経後の女性ホルモンの低下とかかわりが深いため、40代以降の女性では早めの骨密度検査をお勧めします。

骨粗しょう症の治療の目的は骨密度の低下を抑え、骨折を防ぐことにあります。薬物療法、食事療法、運動療法を平行して行い、骨密度を高め、転倒防止が重要となります。